東京左連に関する基礎的研究

Basic Studies on Tokyo Zuolian (The League of Tokyo Branch of Left-Wing Writers)

研究課題番号:03801039

代表者

  • 1991年度~1992年度

    • 小谷 一郎
    • KOTANI, Ichiro
    • 研究者番号:60136009
    • 埼玉大学・教養部・助教授


研究分担者

    • 近藤 龍哉
    • KONDO, Tatsuya
    • 研究者番号:40011374
    • 日本女子大学・文学部・教授

研究課題基本情報(最新年度)

  • 研究期間

    1991年度~1992年度

  • 研究分野

    中国語・中国文学

  • 審査区分

  • 研究種目

    一般研究(C)

  • 研究機関

    埼玉大学

  • 配分額

    • 総額:600千円
    • 1992年度:600千円 (直接経費:600千円)

研究概要(最新報告)

1.<東京左連関係資料を中心としたデータベース化>我々は2年間にわたりパーソナルコンピューターを使用して共通のデーターベース・プログラムにより、購入したハードディスクにそれまで個々人が収集していた資料、新たに収集した資料の共有化・データベース化を行った。この作業は本研究の目的、性格に鑑みて最も成果が期待される部分である。これまでの作業の結果、我々は左連研究全体に不可欠な基礎資料<新文学史料>(2192件)をはじめ、「東京左連を中心とした留学生運動年譜」(仮称)(498件)、「 同 依拠資料一覧」(178件)、「胡風年譜」(196件)、「胡風来往書信リスト」(554件)、「楼適夷年譜」(82件)等のデータベース化を行い、各資料の目録、検索、情報提供等を可能にした。またこの他に東京左連関係者である葉以群、住鈞、謝泳瑩の年譜、<文芸新聞>「東京通訊目録」等を作成中である。2.<東京左連関係、関連資料の収集>・<資料の集中>天理大学、京都大学、広島大学、関西大学、実藤文庫等に赴き、各研究期間が個別に所蔵している稀覯書<大衆文化>、<文海>、<外事警察報>、『中華留日学生名簿』等の資料を収集し、埼玉大学に集中した。以上の結果、今後の本格的な東京左連研究に足場が築かれ、他の便宜に供せられる体制が初歩的にではあるが整った。我々は可能な限り必要とされる方々への提供の便を図るつもりである。3<成果の取りまとめ>「東京左連の成立、及び成立期の東京左連について」「東京美術学校に在籍した中国人留学生名簿」「中国左翼作家連盟東京支部の機関誌『雑文』創刊号について」等の論文を収めた<左連研究>第3輯を発行する。なお学会誌等における論文発表等は別記の通りである。

(1) Compiling Written Materials in Database

For the past two years, we have engaged in compiling not only the materials collected by us before the beginning of the present research but also the ones we collected anew and making files on the hard disk we purchased with a database management program, and now this database is available to any researcher interested in this field of study. We believe that the aim of our research couldn't be achieved without this process and we hope the database will make our research very successful. We have already finished making database files of several books essential to the overall study of Zuolian, such as "Xin Wenxue Shiliao (Historical Materials of New Literature" (2192 items) and some others, "The Chronology of Cultural and Social Movements of Foreign Students in Japan, Centering on Tokyo Zuolian (tentatively titled)" (498 items), "The Various Written Materials Concerning Those Movements" (178 items), "The Bibliography of Hufeng" (196 items), "The Exhaustive List of the Letters of Hufeng's and His Friends'" (554 items), and "The Bibliography of Lou Shiyi" (82 items), enabling researchers's access to this database.

(2) Collecting and Concentrating Related Materials

We visited several universities such as Tenri, Kyoto, Hiroshima, and Kansai, and the Sanetou's Library, in order to photocopy the various invaluable materials owned by these institutes (including "Dazhong Wenhua", "Wenhai", "Gaiji Keisatsu Hou", and "Chuka Ryunichi Gakusei Meibo"). We concentrated these materials at Saitama University. Thus we believe the foundation for the future Tokyo Zuolian study has been laid firmly and more opportunities for a lot of scholars to get access to them will be provided. We will do as best we can for anyone interested in doing research on these materials.

(3) Publishing Our Report

We have issued Zuolian Study (Saren Kenkyu), the third issue", "On the Organization of Tokyo Zuolian and Its Actions in Initial Stage", "The Name List of the Chinese students affiliated to Tokyo School of Art", "Zawen, the first issue of Tokyo Zuolian's bulletin" and others. The papers we have published in the academic journals are as follows:

このページのURI

http://kaken.nii.ac.jp/d/p/03801039.ja.html