精神科訪問看護における利用者との関係づくりに関する研究

A Study of the Trust relations between Psychiatric Visiting Nurses and Users

研究課題番号:17592299

代表者

  • 2005年度~2006年度

    • 川口 優子
    • KAWAGUCHI, Yuko
    • 研究者番号:90152941
    • 神戸大学・医学部・教授


研究分担者

    • 西本 美和
    • NISHIMOTO, Miwa
    • 研究者番号:20314495
    • 神戸大学・医学部・助手
    • 増井 麻依子
    • MASUI, Maiko
    • 研究者番号:80437441
    • 神戸大学・医学部・助手

研究課題基本情報(最新年度)

  • 研究期間

    2005年度~2006年度

  • 研究分野

    地域・老年看護学

  • 審査区分

    一般

  • 研究種目

    基盤研究(C)

  • 研究機関

    神戸大学

  • 配分額

    • 総額:1100千円
    • 2005年度:600千円 (直接経費:600千円)
    • 2006年度:500千円 (直接経費:500千円)

研究概要(最新報告)

平成18年度研究成果の概要

2年間にわたる研究の最終年となり、データを統計的分析し論文としてまとめ、2編を学会で発表した。近畿圏内で精神科訪問看護を実践している看護師を対象に、精神病院関連施設と訪問看護ステーション416施設に質問紙を郵送した。その中で精神科訪問看護を実施していない一般の訪問看護ステーションは96施設あり、訪問を実施していない事情が明らかとなった。

有効データ数は117で、T検定と因子分析を行い結果として10因子が抽出できた。それらは1.受容的な対応2.ほめる・喜ぶ3.自主性の重視4.安心感をもたらす5.タイミングをとらえる6.柔軟な対応7.理解できるよう伝える8.相談にのる9.意思を引き出す10.看護師の意思を伝えるであった。精神科訪問看護において利用者との信頼関係を築くために、訪問看護師のかかわりはこの10の対応に集約されることを考察した。

The purpose of this study investigated trust relations between Psychiatric Visiting Nurses and Users. Psychiatric Visiting Nurses are concerned how to build a trust relations toward users. Unless build a trust relations, nursing care were un acceptable.

The subjects were nurses who practice visiting nurse for psychiatric patients who lives in their communities. The Questionnaires were sent to 416 institutions in Kinki area in Japan. 117 of valid data were obtained and they were statistically analyzed with T test and factor analysis.

The results show that there were 10 factors that were integrated nurse's rapport toward persons who receive psychiatric visiting nursing care.

このページのURI

http://kaken.nii.ac.jp/d/p/17592299.ja.html