女性のやせと食行動異常を決定する環境・遺伝要因の研究

研究課題番号:20590714

2009年度 研究実績報告書


代表者

    • 安藤 哲也
    • 研究者番号:50311428
    • 独立行政法人国立精神・神経医療研究センター・精神保健研究所・心身医学研究部・室長

研究課題基本情報

  • 研究期間

    2008年度~2010年度

  • 研究分野

    内科学一般(含心身医学)

  • 審査区分

    一般

  • 研究種目

    基盤研究(C)

  • 研究機関

    独立行政法人国立精神・神経医療研究センター

研究概要

近年、若年女性の平均体格指数(BMI)は低下し、やせが増加している。それに伴い何らかの食行動の異常を呈する女性や摂食障害患者の割合の増加、月経異常の増加にみられる。本研究は、若年女性を対象に、心理社会的先行要因、エネルギーや栄養素の出納に直接かかわる要因を調査し、身体計測や血液生化学検査、遺伝子解析を行い、若年女性の体型や食行動異常を決定する要因を心身相関の観点および遺伝・環境の相互作用の観点から明らかにし、若年女性の健康の向上や摂食障害の予防に役立てることを目的にする。平成21年度は女子大学生ボランティア113名について調査、試料収集を実施した。前年度と合わせて合計229名のデータを集めた。主な調査項目は既往歴、月経歴、身体計測(身長、体重、体組成、腹囲、腰囲、皮脂厚)、食事摂取量と各栄養素の評価(食物摂取日誌)、生活記録(睡眠時間・食事向数・時間・運動)、心理測定(体重の経過・ダイエット歴、摂食障害関連心理特性、抑うつ、不安、パーソナリティー傾向、親子関係、自己評価、ストレス、ストレスコーピング等)、血液生化学(血中コレステロール、中性脂肪、遊離脂肪酸、血糖、インスリン等)である。また摂食・肥満関連遺伝子の多型を解析した。サブ解析によりストレスおよびストレスコーピングといが、摂食障害傾向、体組成に影響する可能性が示唆された。平成22年度は新たに100名を目標に調査・試料収集を実施するとともに、3年間のデータをもとにパス解析を用いて若年女性のやせと食行動異常の発生に寄与する要因の間の関係を明らかにする。

発表文献

雑誌論文

  • Nakabayashi K, Komaki G, Tajima A, Ando T, Ishikawa M, Nomoto J, Hata K, Oka A, Inoko H, Sasazuki T, Japanese Genetic Research Group for Eating Disorders(J GRED), Shirasawa S.: "Identification of novel candidate loci for anorexia nervosa at 1g41 and 11g22 in Japanese by a genome-wide association analysis with microsatellite markers" J Hum Genet 54. 531-537 (2009), 査読有

  • 後藤直子, 小牧元, 安藤哲也, 伊澤敏, 石川俊男, 大隈和喜, 岡部憲二郎, 黒川順夫, 小西貴幸, 高宮静男, 武井美智子, 傳田健三, 冨田和巳, 長井信篤, 長峯清秀, 西園マーハ文, 本間一正, 町田英世: "日本人の摂食障害姉妹発症例における生涯病型, 代償行動, ならびに体重の関連性の有無について" 心身医学 49. 373-380 (2009), 査読有

  • 安藤哲也: "女性の食行動異常乱摂食障害と環境・遺伝要因" 臨床環境 18. 83-90 (2009), 査読無

学会発表

  • 安藤哲也: "女性の食行動の異常、摂食障害と環境・遺伝要因" 第18回日本臨床環境医学会学術集会. (20090703-20090704). 岡山市, さん太ホール

  • 安藤哲也, 市丸雄平, 近喰ふじ子, 小牧元: "神経接着分子 contactin 5遺伝子の多型と若年女性の摂食障害関連特性の検討" 第50回日本心身医学会総会ならびに学術講演会. (20090606-20090607). 東京、東京国際フォーラム

  • 安藤哲也, 市丸雄平, 近喰ふじ子, 小牧元: "神経接着分子コンタクチン5遺伝子多型と若年女性の摂食障害傾向との関連" 第13回日本摂食障害学会学術集会. (20090912-20090913). 大阪、浪速人権文化センター

  • 安藤哲也, 小牧元, 市丸雄平, 近喰ふじ子, the Japanese Genetic Research Group for Eating Disorders: "Role of ghrelin gene variants in eating disorders, and eating disorder-related characteristics of young Japanese women" 20^<th> World Congress on Psychosomatic Medicine. (20090923-20090926). Turin(Italy)Lingotto Congress Center

  • 長谷川裕美, 安藤哲也, 市丸雄平, 東風谷祐子, 皆川清香, 京極悠里, 小牧元: "若年女性の体型および摂食障害傾向とストレスコーピングの関連" 第115回日本心身医学会関東地方会. (20091017). 東京、東邦大学医療センター 大森病院5号館

このページのURI

http://kaken.nii.ac.jp/d/p/20590714/2009/3/ja.ja.html