うつ病の認知病理に関する神経生理学的研究~前部帯状皮質の認知神経科学的アプローチ

Neurophysiological study on cognitive pathology of depression : relevant to anterior cingulate cortex

研究課題番号:20591385

2010年度 研究成果報告書 PDF


代表者

    • 久住 一郎
    • KUSUMI, Ichiro
    • 研究者番号:30250426
    • 北海道大学・大学院・医学研究科・准教授

研究課題基本情報

  • 研究期間

    2008年度~2010年度

  • 研究分野

    精神神経科学

  • 審査区分

    一般

  • 研究種目

    基盤研究(C)

  • 研究機関

    北海道大学

研究分担者等

研究分担者

    • 鈴木 克治
    • SUZUKI, Katsuji
    • 研究者番号:70344512
    • 北海道大学・病院・助教

研究協力者

    • 北川 信樹
    • KITAGAWA, Nobuki
    • 北海道大学・病院・助教
    • 橋本 直樹
    • HASHIMOTO, Naoki
    • 北海道大学・病院・医員
    • 豊巻 敦人
    • TOYOMAKI, Atsuhito
    • 北海道大学・大学院・医学研究科・特任助教

研究概要

うつ病では不快情動に関わる前部帯状皮質の過活動のため、認知的処理の制御が低下しているという仮説の下、同部位の神経活動を評価する神経生理学的指標として、意志決定課題遂行時の事象関連電位feedback negativity成分と報酬予測課題遂行時のfunctional MRIを計測した。疾患対照としての統合失調症群では、feedback negativity振幅が健常群より低下していた。報酬予測課題遂行時のfunctional MRIでは、前部帯状皮質(背側部)と腹側線条体において有意に活動が上昇していた。今後、うつ病患者における検討を進めていきたい。

It is possible that depressive patients have dysregulation of cognitive processes due to hyperactivity of anterior cingulate cortex. We measured feedback negativity, one of event-related brain potential and functional MRI during imposing decision-making and reward prediction problems, respectively. The amplitude of feedback negativity was decreased in schizophrenia patients compared to controls. Reward prediction induced increased neuronal activities in the dorsal anterior cingulate cortex and ventral striatum of healthy subjects using a functional MRI. Further studies are ongoing to evaluate these neurophysiological measures in depressed patients.

発表文献

雑誌論文

  • Hashimoto N, Matsui M, Kusumi I, Toyomaki A, Ito K, Kako Y, Koyama T: "The effect of explicit instruction on Japanese Verbal Learning Test in patients with schizophrenia." Psychiatry Research in press., 査読有

  • Takahashi T, Oono H, Inoue T, Boku S, Kako Y, Kitaichi Y, Kusumi I, Masui T, Nakagawa S, Suzuki K, Tanaka T, Koyama T, Radford MH: "Depressive patients are more impulsive and inconsistent in intertemporal choice behavior for monetary gain and loss than healthy subjects--an analysis based on Tsallis' statistics." Neuroendocrinology Letters 29. 351-8 (2008), 査読有

  • Toyomaki A, Kusumi I, Matsuyama T, Kako Y, Ito K, Koyama T: "Tone duration mismatch negativity deficits predict impairment of executive function in schizophrenia." Progress in Neuropsychopharmacology & Biological Psychiatry 32. 95-99 (2008), 査読有

  • 豊巻敦人、久住一郎、安部川智浩、小山司: "早期介入・初期治療における認知機能検査の意義." Schizophrenia Frontier 9. 32-36 (2008), 査読無

学会発表

  • 橋本直樹, 他: "統合失調症患者における社会認知障害-顔表情課題遂行時の機能画像に関する研究:発達障害、統合失調症、社会不安障害での疾患特異的な所見の差異について" 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「精神疾患の客観的補助診断法の標準化と科学的根拠に基づく治療反応性の判定法の確立に関する研究」平成22年度精神疾患関連班合同研究報告会. (20101202). 東京

  • 北川信樹, 他: "うつ病の認知機能と回復期の治療ストラテジー" SST普及協会第14回学術集会. (20091212). 札幌

  • 橋本直樹, 他: "統合失調症患者における社会認知障害-顔表情課題におけるfMRIの結果から" 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「精神疾患の客観的補助診断法の標準化と科学的根拠に基づく治療反応性の判定法の確立に関する研究」平成21年度精神疾患関連班合同研究報告会. (20091202). 東京

  • 北川信樹, 他: "うつ病の復職支援における認知機能検査の有用性" 第6回日本うつ病学会. (20090731). 東京

  • 北川信樹, 他: "北海道大学病院精神科におけるうつ病の集団認知行動療法の概要~復職支援・回復期治療の一環として~" 第1回集団認知行動療法研究会合同研修会. (20090627). 東京

  • 橋本直樹, 他: "統合失調症患者における言語記憶学習の教示の効果についてー認知機能改善のための基礎的検討-" 第31回日本生物学的精神医学会. (20090425). 京都

  • 橋本直樹, 他: "統合失調症患者のbiological motion知覚におけるfunctional MRIの検討" 第4回日本統合失調症学会. (20090131). 大阪

  • 橋本直樹, 他: "統合失調症患者における社会知覚課題遂行時の機能画像の検討" 厚生労働省精神・神経疾患研究委託費「精神疾患の客観的補助診断法の標準化と科学的根拠に基づく治療反応性の判定法の確立に関する研究」平成20年度精神疾患関連班合同研究報告会. (20081217). 東京

  • 橋本直樹, 他: "Brief Assessment of Cognition in Schizophrenia (BACS)と従来型の認知機能検査の比較検討" 第8回精神疾患と認知機能研究会. (20081108). 東京

図書

  • 豊巻敦人、久住一郎、小山司: "精神疾患と認知機能(山内俊雄(編集統括))(気分障害と認知機能研究とその所見)" 新興医学出版社. 341(202-205) (2009)

  • 久住一郎、豊巻敦人、小山司: "精神疾患と認知機能(山内俊雄(編集統括))(認知機能とその改善-抗うつ薬)" 新興医学出版社. 341(267-271) (2009)

  • 橋本直樹、久住一郎、小山司: "精神疾患と認知機能(山内俊雄(編集統括))(認知機能とその改善-その他の向精神薬)" 新興医学出版社. 341(277-283) (2009)

このページのURI

http://kaken.nii.ac.jp/d/p/20591385/2010/8/ja.ja.html