脳指向性DDSにおける血液脳関門透過機構解明による新規プリオン病治療法の開発

Delivery of siRNA to central nervous system viablood-brain barrirer transport : Therapy for prion disease

研究課題番号:20800066

代表者

  • 2008年度~2009年度

    • 渡辺 拓也
    • WATANABE, Takuya
    • 研究者番号:90509647
    • 福岡大学・薬学部・助教


この研究課題のドキュメント

研究課題基本情報(最新年度)

  • 研究期間

    2008年度~2009年度

  • 研究分野

    医用生体工学・生体材料学

  • 審査区分

  • 研究種目

    若手研究(スタートアップ)

  • 研究機関

    福岡大学

  • 配分額

    • 総額:3302千円
    • 2008年度:1742千円 (直接経費:1340千円, 間接経費:402千円)
    • 2009年度:1560千円 (直接経費:1200千円, 間接経費:360千円)

研究概要(最新報告)

作用特異性を有するsiRNAと脳指向性を有するRVG-9Rを組み合わせ、これらの複合体による有効なプリオン病治療法の開発を試みた。まず、プリオンmRNAをknock-downするsiRNAを確立した。また、siRNA/RVG-9R複合体は細胞へ移行することが認められた。しかし、この複合体をプリオン感染細胞に処置したが、異常型プリオン蛋白の減少は認められなかった。RVG-9Rの構造最適化により、siRNA/RVG-9R複合体のknock-down効果改善が期待される。

This study aimed to develop new therapy for prion diease without side effects, using a complex of siRNA and RVG-9R. The siRNA decreased expression of prion mRNA and prion protein of scrapie form (PrP^<Sc>). And siRNA/RVG-9R complex bound to cell. However, treatment of siRNA/RVG-9R complex did not affect PrP^<Sc> level in prion-infected cell culture. Sequence of RVG-9R needs to optimize for knock-down of prion.

このページのURI

http://kaken.nii.ac.jp/d/p/20800066.ja.html