国際的花粉情報システム構築に向けた基礎的・疫学的研究

Basic and epidemiological studies for the international polleninformation system development

研究課題番号:23659345

代表者

  • 2011年度~2012年度

    • 寺西 秀豊
    • TERANISHI, Hidetoyo
    • 研究者番号:40115184
    • 富山大学・大学院・医学薬学研究部(医学)・准教授


研究分担者

    • 濱崎 景
    • HAMASAKI, Kei
    • 研究者番号:50533494
    • 富山大学・大学院・医学薬学研究部(医学)・助教

研究課題基本情報(最新年度)

  • 研究期間

    2011年4月28日~2013年3月31日(予定)

  • 研究分野

    公衆衛生学・健康科学

  • 審査区分

  • 研究種目

    挑戦的萌芽研究

  • 研究機関

    富山大学

  • 配分額

    • 2011年度:2470千円 (直接経費:1900千円, 間接経費:570千円)
  • 計画額

    • 2012年度:1300千円 (直接経費:1000千円, 間接経費:300千円)

研究概要(最新報告)

花粉自動計測装置のデータをシステムとして構築し、ホームページ上でリアルタイム花粉飛散情報を公開し、国際会議でその成果を報告した。また、スギ花粉飛散数と発症日調査からスギ花粉数と患者数には年次変動の少ない相関関係があることが判明した。EPA等不飽和脂肪酸とアレルギー抗体IgEの関わりでは、IgEと脂肪酸の明確な関係はなかったが、EPA低値群で累積花粉数が1,000個前後で増加傾向がみられ、EPAの影響の可能性が考えられた。

We created an internet homepage to construct a real-time pollen information system by an automated pollen counter (KP-1500). We reported a significance of the results in an international conference (IPC/IOPC 2012). We found that there was a dose-response relationship between the cumulative number of patients and the logarithm of cumulative cedar pollen count. We did not get any clear correlations between the fatty acids and serum IgE antibodies. However, some differences were observed in the threshold level among groups of the patients divided by the EPA. It was suggested that EPA might impact on the threshold level in the pollen allergy patients.

現在までの達成度(最新報告)

  • 区分

    (2) おおむね順調に進展している

  • 理由

    ・花粉情報は、今年よりホームページ上でリアルタイム情報を提供できた。花粉情報システム構築に向けた大きな成果である。・疫学調査については、調査人数、調査内容とも目標の水準に至達した。しかし、調査地域は富山県内のみで他県に広げられなかった・花粉情報の利用や有効性については、アンケート調査をもとに、現在解析中であるが、更に深い調査と解析が必要とされている。・閾値の解明を目的とする疫学調査には相当数の対象者数が必要とされる。県外に頻繁に訪問し協力依頼や現地調査を実施するには経費および人員の確保が難しく、県外に広げられなかった。

今後の研究の推進方策等(最新報告)

今後の推進方策

今後の研究の重点は、疫学研究データの解析である。3,000人以上のデータを用いて、花粉症発症閾値を解析するとともに発症閾値の違いに及ぼす諸要因を解明することが課題となっている。また、血液検査を実施した115名のデータを用いて、アレルギー起因性花粉の種類と関連性を解析し、花粉症発症に及ぼす食事・栄養因子、特に魚の摂取と生活習慣の影響を血中脂肪酸の値などを考慮した上で解析する。・花粉情報については、自動花粉計測器KP-1500を用いて表示されたデータの解析を行い、ダーラムなど従来の観測結果と対象し精度を検証する。それによりリアルタイム情報の今後の課題と方策を再考する。以上のの解析結果をふまえて、花粉情報のあり方と、その利用法に関する提言を行い、最終評価を行いたいと考えている。・海外における花粉症と花粉情報のあり方を探り、日本における実績を報告するためにも、国際学会の実行委員としての参加し、国際交流と情報発信に務める。

次年度の研究費の使用計画

・空中花粉調査費用(10万円)および花粉自動測定器の定期点検およびメンテナンス費用20万円)が経費として必要である。また、リアルタイムの花粉情報をホームページ上で発信するために、ソフト開発なども含めご協力いただいた謝金(5万円)を考えている。・血清中脂肪酸の測定と解析には、測定費用10万円(@870円×115名、消費税)、器具および試薬の購入に30万円を見込んでいる。・今年8月に東京で開催される第13回国際花粉学会議(the IPC XIII/IOPC IX 2012,August 23-30, 2012 in Tokyo, Japan)の参加と日本における花粉情報について発表を行い、世界的な状況の把握と国際的課題を整理し、今後の展望を探る。1週間にわたる出張旅費は15万円、通信費(5万円)、5発表資料の作成費(5万円)が必要となる。・最終的なまとめと評価として、過去に得られたデータを時系列に比較し、その相違点を明らかにする。発症の閾値に関わる諸要因を明らかにし、どのような総合的花粉症情報が必要とされているか評価まとめる。また、その情報をどのように発信すべきかを考察する。・得られた成果を総括し、まとめ、報告書を冊子として作成、発行する。印刷費、送料等(25万円)

このページのURI

http://kaken.nii.ac.jp/d/p/23659345.ja.html